或る闘病記

生きるって楽しい。

バックのバック

 

「傷の治りがね...ちょっと...」

「うーん、バックかなぁ」

「持ち歩いてもらいましょうか」

 

 嫌な予感がしていたのですが、案の定でした。明日からバックになりました。医療機器の入ったバックを持ち歩く、その名もバック療法です。

 

 どんだけ適当な名付け方やねん、と思ったらBAG療法じゃなくてVAC®療法でした。

 

 VACとは、Vacuum Assisted Closure の略で、陰圧閉鎖療法と呼ばれています。

 

f:id:GUCCHi:20170425195133j:image

 

 ここ10年ほどでメジャーになった療法で、深い傷に吸引をかけることで、肉を盛ることを目的としています。

 

僕の場合、傷口から白い胸骨が露出している程度には創部が深いので、割と時間がかかりそうです。この機械の保険適用期間は4週間ほどなので、それまでに治ればいいのですが...

 

f:id:GUCCHi:20170425201104j:image

 

 ちなみに創部はこんな感じです。痛そうでしょ。実際はカラフルなのでもうちょっと気持ち悪いです。

 

 

 機械も割と高価なものらしく、調べてみたら15万円ほどする代物でした。本当は院内でのみの使用に限られるとのことですが、大学が近いということで、特例的に外出を認めていただきました。ということで、明日から医療機器を付けたまま講義に出ます。異常があればアラームが鳴るので、講義中に大きな音を出しても許してください。機械はこんなやつです。

 

f:id:GUCCHi:20170425204501j:image

 

 明日からは、基本的に家には帰らず、大学と病院を往復する生活になりそうです。いつ傷が治ることやら。ちなみに、ある程度肉が盛ってきたら、その部分にお腹の皮膚を切り取って移植する手術を行う予定です。先は長いね。

 

 あーあゴールデンウィークの予定が...

 (´-ω-`)

 

広告を非表示にする