読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る闘病記

生きるって楽しい。

再び

 

退院祝いでケーキを買ってもらいました。美味しかったです。あと通学用に使ってた自転車も壊れちゃったので、退院祝い名目でロードバイクを買ってもらうことになりました。ベッドから起き上がるのも、腹筋に力が入らず始めは5分くらいかかっていたのが、やっと1分くらいで出来るようになりました。

 

f:id:GUCCHi:20170405185218j:image

 

 そんな感じで、あぁやっと日常の生活が戻ってきたな、と実感しかけていた矢先、退院3日後にして病院に舞い戻ってきてしまいました。緊急再入院です。何かの縁かもしれません。というか、そう思わないと、もうやってられないです(笑)

 

 

 実は退院した当日、その足で友達と遊びに行って、次の日も別の友達とカラオケ行って(肺活量なさすぎて驚くほど歌えへんかったけど)、浮かれて浮かれて、帰宅したら39度の熱が出ていました。ただの馬鹿です。はしゃぎすぎ。

 

 その日は歩けないくらいフラフラになりながら京大病院の救急外来に直行しました。全く世話のかかる奴ですね。

 

 一応インフルエンザの検査をしましたが陰性でした。レントゲンを撮ってみると、どうやら胸に水が溜まっている、ということでした。インフルエンザじゃないことが分かったので帰れと言われました。いや泊めてくれよ...。さすが日本屈指の総合病院、その程度では泊めてくれません。

 

 

 翌日起きると熱はすっかり下がっていましたが、流石にその日はベッドでゴロゴロして過ごしました。そして今日、もう一度来いと言われていたので京大病院の外来診療に来たわけです。ほぼ手ぶらで。

 

 採血と、レントゲンを撮ってから、診察してもらいました。そこで色々結果を見せられたあとに、再入院ですね、と言われて流石に面食らいました。は?って感じです。別に今そんなにしんどくもないのに入院せなあかんの⁇ いやそれやったら最初から泊めとかんかい!!!!!!!

 

 と言いたくなりましたが、自業自得かもしれませんね。おとなしく頷いておきました。

 

 

 あぁ友達との約束も全てキャンセルですよ(笑) 本当にごめんなさい...。

 

 

 

 

 ということで、胸水を抜くことになりました。またドレーンと呼ばれる管を付けることになります。前回は、手術後の全身麻酔中に管を挿入されたので痛くも痒くもなかったのですが、今回は、もう、察してください(笑)19年生きてきて、いっっっっちばん痛かったです。

 

f:id:GUCCHi:20170405185109j:image 

 

 左の脇腹の上の方にメスを入れられたあと、そこから直径15mmの太いチューブを肺の側方のやや上気味あたり、身体の奥深くに向かって10cmほどぐいぐいねじ込んでいくんですよ。思わず「あああああああああ!!!!」って何度も叫びました。痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!次元が違うわ!!銃弾がゆっくりと貫通するような感覚でした。撃たれたことないけど。結局、30分くらいかかってようやく胸膜をぶち破りました。この瞬間が強烈に痛かったです。痛すぎて耳鳴りがしました。ドレーンは全身麻酔で入れるもんや、局所麻酔でやるもんやないよホンマに。

 

 

 管が刺さってる所の写真も載せようかなと思ったんですが、流石に痛々しいしグロテスクなのでやめておきますね。

 

 

 管を入れると2時間ほどでこれくらい胸水が出てきました。そりゃ肺も圧迫されるし熱とか咳も出るよね。

f:id:GUCCHi:20170405201415j:image

 

 

 

 

 それにしても何だか一筋縄ではいかないみたいですね。大学の新学期にも間に合いそうにないです。ヘルプミー。

 

 何かこう上手くいかないときは人のせいにしたくなるものですよ。僕はそんなに人間が出来てないので、すぐ原因を外に探してしまいます。今回入院したのは「一回も病院行けへんかったんだけが心残りや!すまん!!出来れば2,3日くらいまた入院してくれ!!」とか冗談抜かしてたあいつのせいですね、きっと(笑)

 あいつには地を這ってでもお見舞いに来させます。

 

 

    (にしても俺そんなに日頃の行い悪いんやろか...。)

(´・ω・).。oO